”ななよび”高校部

大学受験のライザ○プ

・中学部から在籍している内部進学者は優先的に、高校部へ進学します。
・学習内容に関しては、”ななよび”予備校部の指導を参考にしてください。

”ななよび”予備校部のパンフレットはこちら

”一斉講義で時間を無駄にしない”という方針は変わりません。自由に使える時間が浪人生に比べると少ないので、その中でできること、優先順位の高いものを選んで進めていくことになります。「添削」指導がおすすめです。
・1人1席の完全固定席です。必要な資料や教材は”ななよび”のマイデスクに置いておいてもOKです。
・365日、利用できます。セキュリティーもオートロックを導入しており安心です。月額定額制なので、毎日使えば使うほど、コスト的に割安です。
・指導対応科目・・・基本的に大学受験に必要な科目は、小論文・志望理由書もふくめて対応します。月額の指導料に含まれます。
・リスニング講座・・・外国人講師と共通テストのリスニングを意識したトレーニングを高校1年生から行っています。月額の指導料に含まれます。
・英検面接練習・・・外国人講師と英検のインタビュー形式のトレーニングを行います。月額の指導料に含まれます。

特徴

受験科目を同一料金で指導しており、科目が増えても指導料は変わりません。
短期講習等による追加料金はありません。

募集状況 2023/01/15 現在

輪島校
新高3ー一般募集枠2名
新高2ー一般募集枠2名
新高1ー一般募集枠3名

七尾校
新高3ー定員に達しました。(一般募集停止、キャンセル待ち可能、現在キャンセル待ち0名)
新高2ー定員に達しました。(一般募集停止、キャンセル待ち可能、現在キャンセル待ち2名)
新高1ー一般募集枠2名
入会審査生枠1名あり


注意:キャンセル待ち について。
基本的に大学受験生が卒業した場合には、次年度の内部進学者(エキゼミ各校の中3生)が優先されます。
キャンセル待ちの場合、ご連絡いただいた日時順にご案内させていただきます。

☆ 定員に達した学年で行う入会審査について。 

”ななよび”は学年ごとに定員数を設定しています。
受験期に個別対応する必要があるので、無責任に人数を増やせないからです。
ここ数年、七尾校では、高校2・3年生がスタートする頃には満席になっています。今年は、すでに高校生は全学年定員数を満たしております。七尾高校に入ってからの対処療法ではなく、七尾高校に入る前にそもそも「七尾高校」に進学する同級生に対していかに学力的貯金をつくれるか。中学3年生夏以降の入校をお勧めします。

ただし、一般枠とは別に、入会審査入学生として入校することも可能です。入会審査を希望される場合、その旨をお知らせください。

ー入会審査入学基準ー
① 10大学もしくはその付近のレベルの大学・学部を志望していること。
(東京大学・京都大学・東京工業大学・一橋大学・北海道大学・東北大学・名古屋大学・大阪大学・九州大学・神戸大学+薬学部+歯学部+獣医学部(学科)+早慶上理ICU+同志社 など)
② ①にふさわしい学習習慣と学力があること。これを証明するものとして、対外模試の個人成績をご持参ください。該当する個人成績がない場合、当校が作成した試験問題に挑戦していただくことも可能です。


授業料

固定制
入塾時の授業料が卒業までずっと固定です。できるだけ早く、問題演習中心の”ななよび”スタイルを確立していただきたいという思いから、早期(できれば高校受験前)から通塾されるご家庭を応援する価格設定となっています。
税込価格で表示。適応は2021年4月より。

中学部から継続生は卒業までずっと29,700円備考
高1で入塾は卒業までずっと33,000円
高2で入塾は卒業までずっと36,300円
高3で入塾は卒業までずっと36,300円

★ 1学年の定員を決めて指導しています。(高3受験期で添削指導できる人数に限界があるため)
一般募集定員数を超えた場合は、入会審査を経て合格された方にだけ、入会のご案内をしております。

受験科目を同一料金で指導しており、科目が増えても指導料は変わりません。
短期講習等による追加料金はありません。